スターフライヤーのGWお得ナビ

スターフライヤーが激安航空券に挑戦!GWに最適情報 - 琉球王国の城!首里城のスポットと歴史を紹介!

琉球王国の城!首里城のスポットと歴史を紹介!

日本各地には様々な城が点在しますが、中でも独特さを残しているのが首里城です。首里城は琉球王国時代に建てられた沖縄県の史跡で、現在は世界遺産に登録されています。今回はその首里城のスポットと歴史を紹介します。

まず一つ目は正殿です。この建物、日本の城というより中国寄りの城に感じられますが、どこか南国感を感じられます。全体的に赤く、屋根の瓦もとても素敵です。構造は3階建で、1階は王が政治を行った場、2階は王とその側近が儀式を行う場、3階は屋根裏部屋となっています。つまり、正殿は政治的にも位置的にも琉球王国の中心であったのです。建築は日本と中国のものを融合しており、見事に素晴らしい建築美を生み出しています。

二つ目は守礼門です。この門は2000円札に乗るほど有名なところです。元々、琉球王国は「礼節を重んじる」国家でした。なので、守礼門はその象徴として知られています。魅力満載な首里城ですが、実に波乱万丈な歴史を辿っています。首里城は14世紀末に創建されたと言われています。三度の焼失を経験するも長らく政治的に機能し続けていました。しかし、明治時代になると琉球王国が滅亡するとともに政治的機能を失ってしまいます。

首里城はその影響か荒れ果ててしまいましたが、伊東忠太らの懸命な運動のおかげで明治時代でも保存されていました。しかし、太平洋戦争の沖縄戦で完全に焼失してしまいます。その後、1980年から10年以上かけて復元作業が行われ、1992年に完全に復活しました。復元作業は首里城の瓦の色でさえ分からず、かなりの難航の連続でした。今の首里城は先人の苦労の末にやっと再現されたものといえます。首里城の魅力はその苦難の連続だった歴史に隠されているかもしれません。

ここまで首里城のスポットと歴史を紹介してきました。首里城は琉球王国や沖縄の象徴と言えるほど魅力溢れる場所です。沖縄に来た人はぜひ首里城に行ってみるといいでしょう。

関連記事

Copyright(C)2014 スターフライヤーのGWお得ナビ All Rights Reserved.